ものづくり補助金 交付決定後の流れについて(大阪府中小企業団体中央会、分)

2017.05.24

 のづくり補助金(平成28年度補正 革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金)に採択された方へ


平成29年4月28日までが期限だった補助金交付申請期限を終え、
遅いところでもほとんど交付決定が出たのではないでしょうか。

交付決定後のスケジュールは次の通りです。

交付決定日以降、事業開始が可能となります。
発注、契約、納品など各種手続きは交付決定日以前にしていると、補助対象外になります。

中間監査はおおまか8月~10月ごろに行われます。

事業完了期限、つまり、納品、検収が完了し、支払も終えて計画していた
事業を終了させるのは、小規模型の場合、平成29年11月30日まで、
一般型・第四次産業革命型の場合、12月29日までとなっています。

補助事業が完了した日から、30日内もしくは小規模型12月29日まで、
一般型・第四次産業革命型平成30年1月26日までに、実績報告書を提出する必要があります。

その後、平成30年2月15日までに、補助金精算払請求を提出し、その後、補助金入金となります。

実績報告は、早く終われば早く手続きができるので、補助金が入金される時期も早まります。

一番事業所の場合、平成30年3月の補助金入金になると思われます。

いずれにせよ、手続き不備などあれば最悪の場合、補助金が出ない場合があるので慎重な手続きが求められます。

また、平成31年から5年間、毎年4月~6月の間、事業化状況・知的財産権等報告書の提出義務があります。

単に補助金に通っても、以後長期間の手続きを行う必要があることを忍しておきましょう。

当社では、実績報告書や、事業化状況・知的財産権等報告書の作成支援も行っています。

 実績報告書 10万円~(税別)
 事業化状況・知的財産権等報告書の作成支援 15万円(1回)(税別)

5年間にわたっての手続きに不安のある方はご相談ください。



参考資料:「補助事業の手引き」大阪府中小企業団体中央会 大阪府地域事務局 平成29年3月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご相談はこちら お電話もしくはお問い合わせフォームより

対応エリア:全国対応可能(大阪・東京・名古屋・広島・岡山・福岡)
株式会社リブウェルは全国のものづくり補助金の申請書作成完全代行を受け付けております。まずはお気軽に、お問い合わせください!

ページの先頭へ戻る
Copyright(C) 株式会社リブウェル All Rights Reserved.