IT導入補助金を申請を検討する際の注意点①(平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)

2017.01.30

 IT導入補助金(平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)を申請する際、補助金の金額によって記入する様式が異なります。申請書類は次の3種類あります。

 

1.補助金額 20~50万円未満(499,999円まで)

 「おもてなし規格認証 2017」(紅、金、紺、紫認証のいずれか)の登録番号を申請書に記載する欄があります。
 一番下のランクである「紅」はオンライン上で申請でき、即時取得できますます。
 なお、金、紺、紫の認証を受けるのは有償で認定団体の審査が必要です。
 (当社も「おもてなし規格認証 2017」の紅認証を取得済みです)
 

2.補助金額 50万円~80万円未満(799,999円まで)

 「おもてなし規格認証 2017」に認証されているかに加えて、
 認定された「専門家」の支援を受けているかどうか申請書に記載する必要があります。
 この認定された専門家とは、よろず支援拠点、地域プラットフォーム、ミラサポに在籍・登録のある専門家等です。
 記載するには、専門家に申請書類のチェック、各種アドバイス等を受けている必要があります。
(なお、当社株式会社リブウェルの代表である、牧野谷 輝(まきのや あきら)はミラサポに登録された専門家です)
 

3.補助金額 80万円~100万円

 「おもてなし規格認証 2017」の登録番号、専門家の支援を受けているかどうかに加えてさらに、
 「中小企業等経営強化法」に基づく経営力向上計画の認定を記載する欄があります。
 経営力向上計画を取得している場合は、認定証を提出します。
 現在、経営力向上計画を申請中の場合は、申請を行っていることを記載します。
 注意したいのは、その認定を受けるまでは、IT導入補助金の交付決定がされないという点です。
 経営力向上計画は認定されるまでに2か月以上かかる場合があります(担当する省庁・部署による)。
 製造業など経済産業局が窓口となる場合は1週間からと早いことが多いですが、
 飲食店などは、農政局と厚生労働省のチェックが入るため、書類に不備がない場合でも2か月程度かかることがあります。
 

まとめ 

IT導入補助金が採択されてから、実施完了(ITツールの導入、支払いの完了など)期間が短いため
経営力向上計画を申請する場合は、早めに対応されたほうがよいでしょう。
 
 
当社では、「おもてなし規格認証 2017」認証サポート、専門家の支援、「経営力向上計画」のサポートが初期費用無料、完全成功報酬で対応が可能です。
 
IT導入補助金の申請を検討されている方はお問い合わせください。
 
 関連記事: IT導入補助金とは
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご相談はこちら お電話もしくはお問い合わせフォームより

対応エリア:全国対応可能(大阪・東京・名古屋・広島・岡山・福岡)
株式会社リブウェルは全国のものづくり補助金の申請書作成完全代行を受け付けております。まずはお気軽に、お問い合わせください!

ページの先頭へ戻る
Copyright(C) 株式会社リブウェル All Rights Reserved.